肌のターンオーバーの乱れで肌が乾燥して毛穴が開く…

正常なターンオーバーを保つケアが必要!

肌の新陳代謝のことをターンオーバーといい、毛穴の開きとも関わっています。

肌の新陳代謝が乱れると、毛穴にトラブルを引き起こす原因になってしまうため、正常なターンオーバーを保つケアが必要になります。

肌は一番表面に角質層があり、肌の一番奥には基底層があります。

基底層では新たな肌の細胞が生まれ、新たな細胞は古くなった細胞を表面に押し上げていきます。

そして、古くなった細胞は、角質層で垢になって排出されます。

このような流れで、二十八日間をかけて新たな細胞に入れ替わる肌の新陳代謝のことをターンオーバーと言います。


加齢により、肌のターンオーバーにかかる期間が長くなってしまいますが、加齢だけでなく、肌のコンディションによっても長くなってしまいます。

肌の新陳代謝が遅くなる原因には、加齢や普段の生活習慣、ホルモンバランスなどがあり、食べ物の栄養バランスや、ストレスのかからない生活を送ることによって改善される場合があります。

肌の新陳代謝が悪く排出されるはずの角質が残ると、角質層が次第に厚みを増してしまいます。

厚みを増した角質は、肌が乾燥し、透明感を失ってしまいます。

肌のターンオーバーが乱れることによって肌が乾燥し、キメが粗くなり、毛穴が開いたり、たるんだりします。


ビタミンは肌の新陳代謝を促してくれる、非常に重要な栄養素になります。

レバーやニンジンなどに豊富に含まれているビタミンAには、古くなった肌の細胞を剥がれ落とす働きを促す作用があります。

牛レバーやかつおなどに豊富に含まれているビタミンB6には、肌の新陳代謝を促し、肌を活性化させる作用があるとされています。

ジャガイモやブロッコリーなどに豊富に含まれているビタミンCには、コラーゲンを生成するのをサポートする作用があり、肌のターンオーバーを円滑に行えるようにする作用があります。


紫外線は肌に負担を与えるため、肌の細胞を早く修復させようとしてターンオーバーを早めてしまいます。

周期が早いと、細胞が早く入れ替わるため良いように感じてしまいますが、短かい時間で、肌の細胞を生成することになるので、正常な細胞が生成できずに、メラニン色素が残った状態になったり、肌のトラブルを引き起こす原因となってしまいます。

紫外線から肌を守るには、日傘や帽子などを使ってみたり、日焼け止めクリームを塗ったりすることが必要となります。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ