ハリを与えるために、お肌にうるおいを補給…

お肌にキメやハリがないと感じたら、鏡を確認してみましょう。

毛穴が縦に細長く伸びて、くぼんでいるようであれば、たるみ毛穴が疑われます。

指で斜め上の方に伸ばすときれいな状態に戻るのが特徴ですので、自分で簡単に確認することができます。

30代や40代といった年齢になるとこのような状態が目立つようになりますが、これは、お肌の下の組織に関係しています。

真皮と呼ばれる部分が、お肌を支えていますが、紫外線などの影響で支える力が緩んでしまいます。


コラーゲンなどのお肌の内部にある成分も失われていくので、水分を保つことも難しくなり、お肌のハリが失われていきます。

ピンと張っていれば、目立たないですが、お肌のハリがなくなるとたるみ毛穴として目立ってしまいます。

指でお肌を引っ張った時には、ハリが戻るため、目立たなくなるというわけです。

周りのお肌がたるみ状態にあると、余計目立ってしまうので注意が必要です。

お肌の角質が厚くなってしまうと、お肌は固くなっていくので、ターンオーバーがうまくいかないのも原因になります。


年齢のせいだから仕方ないと諦める必要はありません。

きちんとしたケアを行うことで、状態を改善することができます。

まず、ハリを与えるために、お肌にうるおいを補給しましょう。

お肌の奥深くにある真皮まで水分を補給するのは、普段のスキンケアでは難しいです。


化粧水に加えて、美容液でのケアを行うようにしましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸は年齢と共に失われていくので、意識して選ぶようにしましょう。

コラーゲンは紫外線によって失われていくため、日焼け止めを塗るなどしてしっかりと対策をとるようにします。

スキンケアだけで満足できなければ、サプリメントを使うのもいい方法です。

ビタミンCは、酸化を防ぐ効果とコラーゲンの生成に欠かせない成分なので、毎日の食事から摂るようにすると効果的です。


また、化粧水は保湿効果のあるものを選びがちですが、毛穴を引き締めるタイプの収れん作用のあるものを使いましょう。

顔の表情筋を鍛えることもハリにつながるので、大きな口を開けて「あいうえお」と行って見たり、目を見開くなど、日頃動かさない筋肉を使って運動をしてみましょう。

どのケアも1日やっただけではたるみ毛穴をなくすことはできませんが、継続することでハリのあるきれいなお肌にすることができます。

入浴後などの清潔な状態で一度鏡を見て、確認してみましょう。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ