黒ずみの正体を確かめる方法としては、その黒ずみに触れてみる…

ざらついた感触があれば角栓が酸化、ざらついた感触がない場合は紫外線や刺激で生み出されたシミ…

鼻に、どうしても消えない黒ずみがあり、角栓ケアや洗顔を行っても効果が全然ないような場合は、シミが発生している可能性が高いです。

気になっている黒ずみの正体を確かめる方法としては、その黒ずみに触れてみることが良い方法です。


ざらついた感触があれば、毛穴に詰まっている角栓が酸化してしまったものになります。

一方で、黒ずみに触ってみたときに、ざらついた感触がないような場合は、その黒ずみの正体は、紫外線や刺激で生み出されたシミである可能性が高いです。

黒ずみの正体を確かめるまで毛穴に詰まった汚れが黒ずみの原因だと勘違いをしていた人は、すぐにケアする方法を変える必要があります。

角栓の酸化による黒ずみだと勘違いして必要以上に洗ったり、角栓の除去を繰り返していると、刺激や摩擦が与えられることによって、メラニン色素がたくさん生成されてしまい、黒ずみがもっと悪化している可能性があります。

原因を突き止めて、原因を解消するようなスキンケアを施す必要があります。


鼻にある毛穴は、他の身体の部分にある毛穴と比較して、特に直射日光で黒ずみやすい部分になります。

こうなるのは、黒い色を発しているメラニン色素が生成されやすいためで、顔のパーツの中でも鼻は皮脂腺がたくさんある場所であるため、他の顔のパーツより化粧が崩れやすく、紫外線による刺激を受けやすいパーツとなります。

普段行っているスキンケアではメラニン色素を消すことはできません。

鼻のシミによる黒ずみが悪化してしまうのを防止するために、メラニン色素が生成されるのを抑える必要があります。


まず、必要なのが念入りな紫外線対策です。

外出するときだけでなく、家の中に居るときも紫外線対策が必要になります。

紫外線は窓を通過して家の中にまで届いてしまうものもあるので、メラニン色素の生成を抑えるためには、家の中に居るときでもSPF10からSPF20ぐらいの日焼け止めクリームを塗ると安心です。


また、メラニン色素をシミにしないためのスキンケアも必要となるため、メラニン色素が生成されるのを抑える作用があるビタミンCや、お肌のターンオーバーの働きを高める作用があるビタミンEを摂取して、身体の中からケアをする必要があります。

このようなケアを繰り返していくことによって、お肌の新陳代謝が活性化されて、鼻の黒ずみが薄くなっていく可能性が高くなります。

メラニン色素が原因の鼻の黒ずみをケアするためには、お肌の細胞がターンオーバーにより入れ替わる二十八日ぐらいの期間が必要になります。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ