無理やり角栓をはがすと毛穴にダメージが起きて、更に角栓ができやすくなる…

パックはやめて、洗い流す毛穴ケアに…

私は毛穴の黒ずみに悩まされていました。その毛穴ケアの体験談です。


まず、私の毛穴ケアは知らず知らずのうちに間違えた毛穴ケアをずっと続けていたことにより、毛穴の黒ずみが目立つ悩み肌になってしまいました。

10代~20代前半にかけて毛穴パックが大流行しました。

鼻の頭や眉毛の間からおでこにかけての位置に水で濡らしたシートを貼って、乾いたらバリッと剥がして角栓もごっそり取れるというものです。

目に見えて角栓が取れるので、これは毛穴が綺麗になるに違いないと何年も続けてきました。

ごっそり取れたあとは黒ずみがなくなって綺麗に毛穴ケアがされたように見えるので満足して繰り返し使っていたのですが、後々この毛穴ケア方法は肌への負担が大きいがゆえに、毛穴の黒ずみを悪化させると知りました。

私と同じくシートパックの体験談を持っている人は多いと思いますが、無理やり角栓をはがすと毛穴にダメージが起きて、更に角栓ができやすくなるそうです。


それを知ってからはパックはやめて、洗い流す毛穴ケアに変えました。

何年も強硬にはがすケアをして来たので、私の鼻の頭はかなりぼつぼつと目立つ黒ずみができていました。

毛穴の黒ずみに効くオイルなども売られていますが、毛穴に詰まった角栓は皮脂ではなく古くなった角質なので主成分はたんぱく質です。

そのため、オイルに溶け出すことは無いので、オイルでのケアはあまり有効ではないそうです。


たんぱく質汚れに強いのは酵素だと知り、酵素入りの洗顔パウダーを使うことにしました。

しかも、角栓が溶けだしやすいように事前に肌を柔らかくしておくとさらに効果的ということを知り、実践することにしました。

今も私が行っている毛穴ケア体験談は以下の通りになります。


まず、洗顔前に蒸しタオルを顔に乗せて毛穴を開かせます。

そして、ぬるま湯で顔を濡らし、酵素洗顔パウダーをしっかり泡立てて泡で毛穴の汚れを吸着するよう、優しくクルクルとマッサージしながら洗います。

その際に毛穴にダメージがいかないよう、ソフトなタッチでクルクルします。

あまり長時間洗っているとそれもまた肌への負担になるので、1分以内に洗顔をやめて、ぬるま湯でしっかりと洗顔料を落とします。

そして最後に冷たい水で1~2回流してから、時間をおかずに化粧水で保湿します。

乾燥すると毛穴から皮脂が分泌されてしまうので、洗顔から保湿は何があってもすぐするようにしています。

これを続けていたら、これまでの毛穴の黒ずみが嘘のように改善しました。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ