紫外線や加齢による老化によって、肌がたるむ…

肌のたるみに関係しているのが、真皮層にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸…

毛穴の大きさや数は個人によって異なりますが、一生のうちで変化するものはありません。

しかしながら、肌質やスキンケアの方法、ライフスタイルによっては黒ずみが目立ったり、大きく開いているように見えるため、年代を問わず、肌の悩みとして挙げる人は少なくありません。

20代くらいまでは小鼻を中心に黒ずみが気になるという人は多いものの、加齢が進むにつれて楕円形に拡がったたるみ毛穴に悩む人が増えます。

これは、加齢による老化に加えて、紫外線による肌ダメージが加齢によって蓄積されたことが原因と言われています。

紫外線による肌ダメージは光老化と呼ばれ、肌を老化させる原因の8割が光老化によるものと考えられています。

そのため、加齢による老化よりも肌に深刻なダメージを与えるため、若い頃から紫外線対策をしっかりと行うことはとても大切です。


たるみ毛穴は、紫外線や加齢による老化によって、肌がたるむことで引き起こされます。

では、肌はなぜたるんでしまうのでしょうか。

肌のたるみに関係しているのが、真皮層にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸です。


コラーゲンは丈夫な繊維状をしており、真皮層の7割を構成しています。

網目状のネットワークを張ることで、肌の内側からハリのある肌を作り出しています。

エラスチンはコラーゲンを繋ぎとめるように存在し、コラーゲンの働きを支えています。

ヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンが作った網目状のネットワークの中を埋めるように存在し、真皮が安定した状態で保つことができるよう作用しています。

また、水分保持力が高く、肌に潤いも与えています。

これらが真皮層で互いに支え合うことで、みずみずしくハリのある美肌を保つことができます。


しかしながら、コラーゲンもエラスチンもヒアルロン酸も加齢によって減少し、質も衰えるため、真皮層の構造が変化します。

内側から肌を支える力が弱くなると、肌は緩んでくるため、たるみが起こり、それに引っ張られるように毛穴も開いて見えるようになります。


たるみは加齢とともに加速するため、早めにケアをする必要があります。

効果的なケア方法は、肌の老化を防ぐ抗酸化作用のある化粧品でケアすることです。

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を促し、引き締め効果もあるので、たるみだけではなく、開いた毛穴にも効果的です。

ビタミンC誘導体の中でもAPPSと呼ばれるものは、浸透性が高く、高い効果が期待できます。

また、ピーリングやレチノール配合の化粧品もターンオーバーを促し、コラーゲンを生成するのでおすすめです。


毛穴ケアの基礎化粧品@人気ランキング調べてみました!
ランキング



このページの先頭へ